タグ別アーカイブ: FX審査

投資経験の長さは重視されるFXの審査

金融商品の審査には、年数が関係してくる場合があります。その1つは、勤め先での年数です。

例えば、融資商品などはその1つですね。銀行などから融資を受けるためには、審査に合格しなければなりません。その際に審査されるポイントの1つは、年数なのです。つまりお勤め先にて、何年くらい勤務しているかが見られるケースが多いのです。

年数が2ヶ月や3ヶ月程度ですと、ちょっと融資商品の審査に通るのは難しくなるでしょう。しかし3年以上勤めているとなると、審査に通る確率が高まります。つまり1つの会社で長く勤めている方が、審査に通りやすくなる訳ですね。

ところでFXという金融商品にも、審査はあります。その審査では、果たして金属年数のようなものは見られるのでしょうか。

お勤め先での年数は、基本的には見られないと考えて良いでしょう。ですので1つの会社で3年以上勤めているとしても、審査に通るとは限りません。

しかしFXという金融商品の場合は、別の意味での年数は重視される場合があります。その1つですが、投資経験の長さです。

そもそもこの投資商品には、必ずリスクがありますね。自分の思い通りに相場が動いてくれれば良いですが、必ずしも動いてくれるとは限りません。むしろ思い通りにならない事も多々あるのですが。その場合には、もちろん損失が発生する事になります。

リスクがある商品だけに、それをしっかりと理解していると審査に通りやすくなる訳です。そして投資経験がある方の場合は、そのリスクを理解していると解釈される事が多いようですね。ですので投資経験がある程度長い方の場合は、FXの審査に通りやすくなる傾向はあります。

ちなみにFXでは、年齢も審査基準の1つです。ある程度高齢の方の場合は、審査に通りづらくなる傾向があります。しかし高齢の方でも、投資経験が長い方もいらっしゃいますね。そのような方は、FXの審査に通りやすくなる傾向があるのです。ですのでこの投資商品での審査では、投資歴の長さは重視されると考えて良いでしょう。

他社での審査落ちはFXの審査には影響しない

金融商品では、しばしば審査が発生します。代表的なものといえば、やはりクレジット商品です。どこかの銀行などから融資を受けるとなると、審査に通る必要がありますね。審査で落とされると、銀行から融資は受けられません。

FXもそれは同じです。必ず業者の所定の審査に通る必要があり、審査落ちになると口座は作れません。このため中には、「FXの審査に通るかどうかが心配」という方もいらっしゃいますね。

ところで前述の融資なのですが、たいてい他の会社での審査状況が見られますね。例えば融資を受けるために、銀行Aで申込をしたとしましょう。ところが申込者のBさんは、以前に銀行Cにも申し込みをしていたとします。この場合、C社の審査結果がA社に影響を及ぼすケースが多々あります。

もしもC社の審査によって、落とされてしまったとしましょう。その場合、A社での審査でも落とされる確率が高まると言われています。つまりどこかの銀行の審査で一度落とされてしまうと、他行での審査で落とされる確率も高まってしまう訳ですね。

ところで先程も書いたように、FXでは審査があります。ではFXの審査では、上記のAとCのようなケースはあるのでしょうか。

ありませんね。というのもFXの場合は、クレジット業界のような情報共有の概念が無いのだそうです。上記のようにCがAに影響を及ぼすのは、そもそも情報共有のシステムが有るからですね。しかしFXには、共有システムはありません。ですので他社の審査によって落とされやすくなる可能性は、極めて低いですね。

ちなみに融資商品では、たまにブラックリストという表現を聞きますね。C社で延滞が発生しているとA社の審査で落とされる可能性が多々あるのですが、FXにはそれもありません。前述のように、情報共有という概念が無いからです。

銀行の融資商品とFXは、どちらも金融商品です。しかも、どちらも審査が発生します。しかし情報共有が有るか無いかという意味では、両者は異なると言えるでしょう。