FXの口座開設方法と口座の選び方

FXを扱う業者選びのポイントは後回しとして、選んだ業者の契約書面にしっかりと目を通しましょう。

ちゃんと納得して合意し、口座開設申込みフォームに入力していきます。

その後、本人確認書類(免許証や健康保険証などの写し)を郵送などの方法で業者に送り、簡単な審査を受けます。

審査を通れば口座開設完了通知がメールなどでくるはずですから、ログインIDやパスワードなどをしっかりと控えれば、あとは資金を入金すれば取引開始となります。

多少の時間はかかりますが、口座開設は難しくないということはわかったと思います。

さて問題は、どの業者で取引をするか、口座開設するかということです。

手っ取り早い選択肢としては、「取引高」をみるといいと思います。

取引高が世界有数であれば、その会社をより多くの人が利用していて、多くの取引がされている証拠ですから、信頼性も高く、利用もしやすく、手数料などもそれほど高くないという証拠でしょう。

信用でいえば、業者の規模に着目するのもいいと思います。

資本金の規模や、上場しているかしていないかなどを見るのもいいと思いますし、さらに注目すべき点として「自己資本規制比率」をみるといいでしょう。

この数値が高ければ高いほど経営が安定している業者だということになります。

業者への手数料である「スプレッド」も大きなポイントです。

取引の規模が大きくなればなるほど、スプレッドも大きく影響しますから、原則固定としているところで、出来るだけ手数料が少ないところを選ぶ方がいいでしょう。

金利格差のポイントである「スワップポイント」も見逃せません。

こちらは各社が毎営業日に更新しているので、最新の情報をチェックして決めるといいと思います。

最後に取引単位です。

どれぐらいの規模で取引をしていくのかによって選ぶ業者が変わっていくとは思います。

1通貨単位から取引可能というところもあるので、とにかく少額から始めたいという人は取引単位で選ぶのもいいと思います。

見比べていけば「総合力」が見えてくると思います。

しかし利用者によっては外せない条件もあるでしょうから、総合力を加味しつつ、自分に最適な業者を選び、口座開設するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>