レバレッジ取引であるFX

FX取引の大きな特徴の一つには、レバレッジをかけて取引をする点を挙げることができます。このFXのレバレッジについては最高で現在は25倍までになっていて、以前はこうした規制はありませんでした。

FXのレバレッジが最高25倍であることは、一般の投資家にとっては色々な見方があります。例えばFXが初めての方々にとってはレバレッジが25倍であることは、リスクが高い取引であるといえるかもしれません。また長い経験があるFX投資家からみると、以前はレバレッジが100倍やそれ以上で取引をしていたものが、現在はこのレバレッジに規制が出来たことで取引がやりにくくなったと感じる方々もいます。

高いレバレッジでFXをすることは、それだけハイリスクハイリターンの取引をすることになるため初心者向きではありません。またこのようなレバレッジは、入金をする証拠金の金額を増やすことでレバレッジの低いローリスクの安全なFX取引をしていくことは可能です。

レバレッジが25倍になったことで、国内でのFX取引ではきわめて高いリスクの取引は不可能になりました。大きく自己の資産を減少させる一般の投資家は確実に少なくなっていると実感をします。他の国にはこれらのレバレッジの規制がない所もありますが、ある程度の規制は投資家のためには意味があるといえます。

FXの初心者の方々はできるだけレバレッジを抑えた安全な取引をすることが適しています。レバレッジは10倍以下くらいで日々のFX取引を体験してみることで、この投資を比較的安全にやっていくことが可能です。

低レバレッジのFXではリスクが低くなる一方で、毎回の利益の額は少なくなるのが特徴です。またFXでは1万通貨単位の取引が一般的なやり方になりますが1千通貨単位に対応をしているFX会社が多くなってきており、初めての方々にはこのような取引からはじめることができます。少しずつFXに慣れてきた際には、レバレッジやロットをやや高くしてFXをすることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>