FXの取引をするときのリスクについて

FXとは世界中のいろいろな通貨の中から2つの通貨を売買することにより利益を上げていく投資のことを言います。この投資は24時間取引ができるということから利益を出すチャンスが他の投資よりも多いということやレバレッジをかけて取引をすることができるということから1回の取引で大きな利益を得ることができるので多くの人から人気があります。

しかしFXは利益を出しやすかったり、他の投資よりも大きな利益を出すことができる反面、取引をするときのリスクも存在します。そのためFXの取引をするにおいては存在するリスクを考えながら取引をする必要があります。

そこでFXの取引をするときのリスクにはどのようなものがあるのかというとまず為替変動によるリスクがあります。FXの取引は為替変動をうまく利用して利益を上げていく投資ですが、逆に為替変動が原因で損失を被ることもあります。そのため為替変動によるリスクをうまくコントロールするためには損失を最小限に抑えるために取引をする場合には必ず損切りをすることが大切になってきます。

次に各国の金利が変動するリスクがあります。このリスクはスワップポイント狙いの長期投資をする人が考えなければならないリスクで、時代の変化と共に各国の経済状態にもいろいろな変化が出て、それとともに国の金利が上がったり下がったりすることになります。

そして実際に購入している通貨が使用されている国の金利が下がってしまった場合は受け取ることになるスワップポイントが減ってしまったり、無くなってしまったりすることがあります。

それから成行で注文をするときに発生するスリッページリスクというものがあります。これは実際にエントリーする場合に自分がエントリーしたいと考える値よりも不利な値でエントリーされてしまうことを言います。特にスキャルピングやデイトレードなどの短期取引をしている人は気をつけなければいけないリスクであると言えます。

しかしこれらのリスクを気をつけて取引をすればFXの取引は決して危険なものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>