カテゴリー別アーカイブ: FXその他

レバレッジ取引であるFX

FX取引の大きな特徴の一つには、レバレッジをかけて取引をする点を挙げることができます。このFXのレバレッジについては最高で現在は25倍までになっていて、以前はこうした規制はありませんでした。

FXのレバレッジが最高25倍であることは、一般の投資家にとっては色々な見方があります。例えばFXが初めての方々にとってはレバレッジが25倍であることは、リスクが高い取引であるといえるかもしれません。また長い経験があるFX投資家からみると、以前はレバレッジが100倍やそれ以上で取引をしていたものが、現在はこのレバレッジに規制が出来たことで取引がやりにくくなったと感じる方々もいます。

高いレバレッジでFXをすることは、それだけハイリスクハイリターンの取引をすることになるため初心者向きではありません。またこのようなレバレッジは、入金をする証拠金の金額を増やすことでレバレッジの低いローリスクの安全なFX取引をしていくことは可能です。

レバレッジが25倍になったことで、国内でのFX取引ではきわめて高いリスクの取引は不可能になりました。大きく自己の資産を減少させる一般の投資家は確実に少なくなっていると実感をします。他の国にはこれらのレバレッジの規制がない所もありますが、ある程度の規制は投資家のためには意味があるといえます。

FXの初心者の方々はできるだけレバレッジを抑えた安全な取引をすることが適しています。レバレッジは10倍以下くらいで日々のFX取引を体験してみることで、この投資を比較的安全にやっていくことが可能です。

低レバレッジのFXではリスクが低くなる一方で、毎回の利益の額は少なくなるのが特徴です。またFXでは1万通貨単位の取引が一般的なやり方になりますが1千通貨単位に対応をしているFX会社が多くなってきており、初めての方々にはこのような取引からはじめることができます。少しずつFXに慣れてきた際には、レバレッジやロットをやや高くしてFXをすることがおすすめです。

FXの取引をするときのリスクについて

FXとは世界中のいろいろな通貨の中から2つの通貨を売買することにより利益を上げていく投資のことを言います。この投資は24時間取引ができるということから利益を出すチャンスが他の投資よりも多いということやレバレッジをかけて取引をすることができるということから1回の取引で大きな利益を得ることができるので多くの人から人気があります。

しかしFXは利益を出しやすかったり、他の投資よりも大きな利益を出すことができる反面、取引をするときのリスクも存在します。そのためFXの取引をするにおいては存在するリスクを考えながら取引をする必要があります。

そこでFXの取引をするときのリスクにはどのようなものがあるのかというとまず為替変動によるリスクがあります。FXの取引は為替変動をうまく利用して利益を上げていく投資ですが、逆に為替変動が原因で損失を被ることもあります。そのため為替変動によるリスクをうまくコントロールするためには損失を最小限に抑えるために取引をする場合には必ず損切りをすることが大切になってきます。

次に各国の金利が変動するリスクがあります。このリスクはスワップポイント狙いの長期投資をする人が考えなければならないリスクで、時代の変化と共に各国の経済状態にもいろいろな変化が出て、それとともに国の金利が上がったり下がったりすることになります。

そして実際に購入している通貨が使用されている国の金利が下がってしまった場合は受け取ることになるスワップポイントが減ってしまったり、無くなってしまったりすることがあります。

それから成行で注文をするときに発生するスリッページリスクというものがあります。これは実際にエントリーする場合に自分がエントリーしたいと考える値よりも不利な値でエントリーされてしまうことを言います。特にスキャルピングやデイトレードなどの短期取引をしている人は気をつけなければいけないリスクであると言えます。

しかしこれらのリスクを気をつけて取引をすればFXの取引は決して危険なものではありません。

FXのリスクとパスワード

FXには、リスクがあります。この金融商品では、リスクが一番大事だと思います。自分が持っている資金が大きく減ってしまうと、大変悲しい事だからです。

ところでリスクには色々な種類があるのですが、やはり1番のリスクは為替レートの変動だと思います。例えば1ユーロ138円のタイミングで買い注文をした場合は、もちろん139円や140円等になってくれれば利益が発生します。しかし為替レートというものは、必ずしも自分の思い通りに動いてくれるとは限りません。136円や135円などになってしまう可能性もあるでしょう。その為替レートの変動によるリスクが、FXでは一番大事だと思いますね。ですので多くの方々は、その為替レートの変動に対するリスク対策を色々考えている訳ですが。

ところが、他にも軽視できないリスクが有ります。多くの方々は意外とそのリスクを見落としがちだと思います。

パスワードです。パスワードには、本当に気をつけた方が良いと思います。

というのもFXの会社というのは、パスワードロックというシステムを採用しているケースがしばしばあります。パスワードを何回か間違えてしまいますと、大変な事になってしまうのです。

例えばあるFXの会社にログインする為に、ちょっとパスワードを入力したとしましょう。ところがそのパスワードは違いますと、画面に表示されたとします。おかしいと思ってもう一度パスワードを入力すると、やはり間違っていると表示される訳です。それで何回も間違えてしまいますと、大変な事になります。一旦口座がロックされてしまうのです。ロックされてしまうと、しばらくの間は取引ができなくなってしまいます。

思えば私たちが銀行のATMを使う時にも、暗証番号を入力しますね。その暗証番号も何回か間違えてしまいますと、しばらくキャッシュカードが使えなくなってしまうのです。システムとしてはそれと同じです。

ですのでFXで取引を行う際には、くれぐれもパスワードだけは間違いないようにした方が良いでしょう。特に久しぶりにFXの会社にログインすると、そのような事は起こりがちです。パスワードを管理するのは、FXでは案外大事だと思います。

FX取引をする上で絶対に避けられないコストであるスプレッドとは何か?

FXには、知っておかないと損をするという事柄が非常にたくさんあります。

その中の一つに『スプレッド』というものがあるのですが、非常に少額でありながらもこの差が最終的な利益に大きく関わってくるので、絶対に知っておかなくてはいけません。

スプレッドというのは、「FX会社の外貨交換手数料」のようなもので、取引の際には必ず掛かるコストになります。

スプレッドが狭いというと手数料が安い、スプレッドが広いというと手数料が高いという認識になります。

例えば、ドル円で1ドル100円だったとして、スプレッドが5銭だったとすると、1ドル買うには100円5銭が必要となります。

10ドル買うと1000円50銭、100ドル買うと1万と5円が必要となるわけです。

FXにおいて、100ドルや1000ドルで取引を行うという人は殆どいませんから、現実的な取引として1万ドルを基本として考えた場合、まず500円の損失から取引がスタートするということになります。

この500円を高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれではあると思いますが、取引額が大きくなればなるほどこのスプレッドによる損失状態も大きくなっていくということです。

FXにはリバレッジというものがありますが、スプレッドはリバレッジをかけてもその倍率分だけ掛かりますので、安くなることはありません。

取引を重ねれば重ねるだけスプレッドが引かれていくわけですから、年間で考えれば非常に大きなコストとなっていくというわけです。

そして、もう一つスプレッドにおける重要な部分があります。

それは「スプレッドは費用として計上されない」という部分で、これはつまり税金のように控除がされないということです。

FXにおいて税金の申告というのはやや複雑になりやすく、知識が無いと大きなトラブルの原因にもなりますので覚えておきましょう。

これらを踏まえて、FXの会社を選ぶとすれば、手数料無料+低スプレッドの会社を選ぶのが良いということになります。

会社によってスプレッドは違いますが、利益を出しやすいのはやはり低スプレッドの会社なのは間違い有りません。

これからFXを始めようという方や、今現在自分が使っているFX会社がどれぐらいのスプレッドを設定しているのかなどを改めて確認してみるのも良いかもしれません。

FXは儲けられる

FXの話を他人にすると、大抵難しそうとか、良くわからないとか、資金が無いと言った声を良く聞きます。しかし、分かってみれば意外と簡単です。難しそうに思えるのは自分がFXの事を知らないからです。良くわからないのは分かる為の勉強をしないからです。資金が無いと思っているのは、システムを理解していないからです。分かってみれば解決できるものも多くあるのです。ただ、もちろんハイリスクハイリターンの世界なので過信や誤解は身を滅ぼすことになるので手を出す時はしっかりと理解した上で始める必要があります。FXや株なので儲けようとする話になった時良く出るのがデイトレードのことです。1度の取引による2国間の通貨の差益で儲ける手法を1日に何度も繰り返すのがデイトレードですが、社会人になるとなかなかデイトレードに費やす時間は取ることが出来ません。しかし、わずかな時間でもそれなりの利益を得る事は出来ます。1度に取引する額を上げればいいのです。当然リスクも比例して上がりますが、リターンも上がるので短期勝負にはもってこいです。しかし、私がFXを一番推す理由はスワップポイントです。スワップポイントは2国間の金利差で、超低金利の日本円で他の金利の高い国の通貨を購入しておけば、持っているだけで利益が発生します。ただし、全てが日本より金利が高いわけではありません。日本の方が金利が高い場合は購入すると毎日赤字が発生してしまいます。つまり、通貨を多く買えばそれだけスワップポイントが多く入ってくるので、銀行に貯金するよりは遥かに高金利状態になります。また、通貨自体の値動きによる差益も発生するので通貨の値が上がると大きな黒字に持って行くことが出来ます。さらにFXにはレバレッジという、所持来ている資金より多くの取引を行うことが出来ます。必要な資金の何分の1かで取引が出来ます。リスクさえ把握して、余裕をもって取引を行えば黒字を出し続ける事もさほど難しい事ではありません。一番難しいのはリスクを理解して自分の欲を抑える事にあります。