カテゴリー別アーカイブ: 海外FX

どの通貨を選択するのか迷うことがありそうです

FX取引を始めるときに、まず迷うことは取引する通貨の選択だと思われます。FX取引では、様々な通貨が選択できます。そして、普通の外貨預金よりも多くのものがあるので、どれから始めたらよいのか迷う人が多いのです。

初心者ならば、まずは、なじみがあって動きをつかみやすい通貨を選択するといいでしょう。たとえば、米ドルとかユーロとかいったものです。これらの通貨に関しては、常日頃の経済ニュースから動きを読みやすいです。したがって、取引もしやすいことにつながるのです。

さて、FX取引ではスワップポイントによる利益を期待する人も多いと考えられます。スワップポイントというものは、日本円と他国の通貨との金利の差から生じる利益です。日本円は、長い間低金利が続いています。しかし、他国の通貨は、日本円よりも金利が高いのです。このため、その金利差による利益を得ることができるのです。

このスワップポイントによる利益をより大きなものにしたかったら、より高金利の通貨を選択するといいでしょう。高金利の通貨というと、たいてい、マイナーな通貨であることが多いです。この場合は、それに関連したニュースを得るのが難しいという点で、初心者には向かないのかもしれません。また、そういった国は、政情が不安定なこともあります。こうなると、一気に利益が消えてしまうことも考えられます。ただ、リスク管理さえしっかりしておけば、こういった通貨によって、スワップポイントを確実に稼ぐという方法も可能だと考えられます。

また、米ドルやユーロであっても、相場が激変してしまうようなことは起こります。やはり、FX取引をおこなう時には、経済ニュースにもしっかりと目を向け、世界情勢の変化を見逃さないようにすることがポイントだといえます。

そして、FX取引は、レバレッジの働きにより、大きな稼ぎを期待できるものです。その反面、レバレッジによって、大きな損失を出してしまうこともあります。こういったこともきちんと理解した上で取引に臨むといいでしょう。

FXの審査基準と未成年者と資産

FXの口座を作ろうと考えている方々の状況は、様々です。学生の方々なども、その投資商品の口座を作ろうと考えている事が多いですね。
ところで学生となると、いわゆる未成年者もいらっしゃいます。実はこの投資商品は、未成年者はちょっと厳しい傾向があるのです。
一般的に日本国内のFXの業者は、20歳未満の方々は難しい傾向があります。20歳を超えていれば問題なく口座を作る事ができても、19歳や18歳の方々はちょっと難しいですね。したがってこの商品の場合は、親権者同意書などもありません。
ただしそれも、金融会社次第ですね。実はこの投資商品を提供している会社は、日本だけではないのです。アメリカやイギリスなどの国々にも、その投資商品があるのですね。いわゆる海外FXです。ちなみに日本人を、それに申し込みをする事は可能です。

そして海外の場合は、日本よりは年齢制限が低めになっている傾向があります。中には、18歳でも口座を作れるような会社もあります。ですので18歳の方が口座を作る事を考えているならば、日本ではなく海外を選ぶ事になるでしょう。日本の業者は、やはり難しい傾向があります。
それと、現在の資金を大きなポイントになります。そもそもこの商品は、現在の資産を増やすのが目的になります。ですので全く資産が無いと、ちょっと難しい一面がありますね。いわゆる無一文の方がこの投資商品に申し込みをしても、口座を作るのをお断りされてしまう事がしばしばあります。

では具体的には何円程度必要になるかは、正直会社によって様々です。FXの会社の公式サイトなどを見てみると、たまに初回入金という項目を見かけるでしょう。あの金額が、1つの目安になります。ですので入金額が10万円と書かれている業者であれば、全資産が9万円の方はちょっと難しい一面があります。逆に15万円の方は、特に問題無いのですが。そして、その初回入金の金額は各社様々ですね。
このようにFXでは審査が行われるのですが、年齢や資産によっては落とされる事もたまに有る訳ですね。

なぜ海外FXではカードでの入金が良いのか

海外のFXの業者に興味を持っている方々は、とても多いと思います。ただ海外の業者の場合は、日本とはちょっと異なる一面があります。

その1つですが、入金方法です。そもそもFXの取引をする為には、必ず業者の口座に対して入金しなければなりません。元金を増やすのが目的ですから、投資資金を入金する必要がある訳ですね。

ところで日本国内のFXの業者の場合は、入金方法は銀行振り込みが主になります。ただその銀行振り込みにも2種類あって、ネット媒体を用いて銀行振り込みをするか、一般的な振り込みのどちらかです。

個人的には、前者のネット媒体がおすすめです。時間帯不問で入金をする事ができますし、手数料も明らかに格安だからです。一般的な銀行振り込みの場合は、振り込み手数料がかかってしまうのですが、ネット媒体による入金の場合は手数料0円になるのです。

では海外のFXの業者の場合はどうなっているのかと言うと、銀行振り込みではなくクレジットカードになる場合がほとんどです。海外の場合は、主に2種類の方法が有ります。海外送金で業者に入金するか、クレジットカードを用いるかですね。

その2種類の中では、明らかにクレジットカードの方が良いです。その理由は2つあって、まずスピードが速いからです。クレジットカードによる入金であれば、海外の業者の口座に反映されるまでのスピードがとても早いですね。それに対して海外送金の場合は、かなりの時間がかかります。業者によっては入金が反映されるまでに、2週間程度要することもあるのだそうです。

もう1つの理由ですが、手数料の観点からもクレジットカードの方が明らかに有利です。クレジットカードではなく送金を用いてしまいますと、かなりの手数料が発生してしまいます。

このため海外のFXの業者に対して入金をするのでしたら、クレジットカードはほぼ必須といえるでしょう。ちなみに日本の業者の場合は、クレジットカードで入金できる所はほぼ皆無です。クレジットカードの可否は、海外と日本のFXの業者の違いの1つだと思います。